鉄旅フォト紀行~鉄路の彼方へ~ 

四季折々の風景の中を駆ける鉄道の姿を追いかけて、全国を駆け歩く撮影記

2019年05月

尾久に戻ってきた12系 すぐに高崎に送ることはなく、1日置いての発車でした 都合がよくないということで近所でお出迎え 東北本線 西川口~蕨 ...

快速花めぐり号で使用された12系の返却回送をヒガハスで狙う 平日にも拘らず、現場は多くの人が列車を待ってました 虹釜牽引というのも大きな理由でしょうね 仙台送りこみ時は、どうしても都合がつかずに撮影できませんでした それだけに返しはどうしても狙い ...

振り向きざま、後追いで列車を狙う 実は、午前中はこちらのアングルの方が絵としては魅力的 順光だし、何といっても蔵王が写るのがここの素晴らしいところ 東北本線 船岡~大河原 なので、狙いの列車も午前中に下り線を走行して欲しいんですが、叶いませんか ...

翌日は船岡へ ここは線路際が白石川提一目千本桜なので、桜の撮影名所です 本年も見事満開の時期に来れたこと感謝 一発目は陸橋俯瞰の絵から 東北本線 船岡~大河原 午前中の上り列車に対しては、半逆光なのでガングロの絵となってしまいます でも桜の ...

氷見線の代表的な撮影地のひとつが、堤防からの海越しショットでしょうか ということで、すでに日没近くの時間ですが、狙ってみることにしました すでに何人かの同業者がいる中、あまりベスポジではない中、場所確定 列車が顔を出したその瞬間にシャッターを切りま ...

地鉄撮影を終えて、氷見線に移動 新しくできた道の駅の展望台からの撮影を行う 天候的には曇り空になったのが惜しいが、晴れたら素晴らしい絵になるでしょう 氷見線 雨晴~越中国分 海の面積が大きくなる俯瞰構図は大好きです ...

折り返しのアルプスエキスプレスを狙うために、新相ノ木に移動 公園の桜を絡めて列車を狙います しかし午後になると、山には雲が掛かりピークを隠してしまった こうなるとお手上げ とにかく雲が取れることを期待しましたが、結局本番も山は隠れたままでした ...

桜遠征からの絵を 富山駅前の路面電車を桜と絡めて ちょうどレトロ”風”のトラムが発車していきました 富山地方鉄道市内線 富山 車体に書かれたローマ字が雰囲気として似合わないと感じる なにも書かなくてもいいんだけどな ミトーカデザインは飾り過 ...

4月13日(日) 船岡からの普通は激混み なんとか車内に入る 次の大河原で一気に降りてくれたので、座席にありつけたが、それでもまだまだ車内はそこそこ乗客がいる そのまま白石へ 結構白石に向かう人が多いのだと感心した すぐに乗り換え 福島行の普通はまさかの ...

4月12日(土) 今宵の宿は夜行バス 金沢から移動します 金沢出発時点ではこんな感じ 富山まで各所で乗客を乗せたようで、最終的には満席になってましたが、自分は寝不足だったために、途中から爆睡モードに入ってしまったために、全体の把握はできてませんでし ...

4月12日(土) 新相ノ木から地鉄に乗って移動 富山からはあいの風鉄道に乗って高岡へ また乗り換えて氷見線に乗ります 富山湾が車窓に見えてきました 雨晴で下車します 最近、道の駅ができたのでそこに向かってみる 展望台から氷見線を望む ...

4月12日(土) 撮影を終えて駅に戻る 富山地鉄駅にあるロッテリアで購入していたバーガーをお昼ご飯にする ロッテリアでは牛肉のハンバーガーを買うことはほとんどない 好きだったリブサンドが販売終了みたいらしい ということで、購入しておいた お腹を満 ...

埼玉で桜の撮影をしてましたが、桜前線の北上に合わせて久しぶりの遠征に行ってきました そのお話を 4月12日(土) 西武鉄道で桜の撮影をした関係でもないのですが、前々から狙っていた元祖レッドアローこと富山地鉄のアルプスエキスプレスと桜の絵を撮ることを目標 ...

今度のアングルは川に降りて列車をシチサン構図で狙うことに 列車の顔も入れたアングルで桜と絡めてみたかった で、構図を整えていると先ほど通過した前パン2000系が上っていった ということで後追いで 西武鉄道池袋線 元加治~仏子 もう少し桜が線路 ...

レッドアロー撮影後、そのポジションで身体を右にパーンすると、下り列車が狙える ちょうど桜が建物を隠してくれるのが好都合 西武鉄道池袋線 仏子~元加治 桜の枝を一部分入れる構図は、このアングルが自然だと感じている 画面の上から”桜を垂らす”構図は ...

↑このページのトップヘ