鉄旅フォト紀行~鉄路の彼方へ~ 

四季折々の風景の中を駆ける鉄道の姿を追いかけて、全国を駆け歩く撮影記

2017年07月

今回の目的のひとつ、千曳陸橋からの俯瞰で狙うカシオペア紀行 曇り空のおかげで、狙い通りの幽谷な雰囲気の中で撮影できた 青い森鉄道 乙供~千曳 このアングルだと、晴れれば列車側面に光は当たらない カシオペアの特徴である2階建て窓配置側面を狙うに ...

6月25日(日) 秋田からバスに乗車する 向かったのは新屋の陸橋 前々から、その撮影地には行きたった ブルトレや583系があるときに行きたかったんですが、行く機会に恵まれず・・・ で、今回行ってみることに バスに乗って日吉神社前で下車 雨がかなり ...

6月25日(日) 弘前からはつがる4号に乗車 これで一気に秋田を目指します 指定席を確保してて良かったです 結構自由席は混雑してましたから 車内ではほとんど居眠り 朝早かったということもあり、それなりに疲れていたんでしょうね 天気はすっかり曇り空 ...

6月25日(日) 乙供駅に急いで戻る 乗りたかった普通の発車時刻までになんとかたどり着いた おかげで思いっきり汗をかきました それだけ蒸し暑い朝でした 汗を拭いてから、冷たい飲料を自販機で買って体をクールダウン そして、青森行きの普通に乗ります ボックス ...

6月25日(日) バスは順調に進み、東北自動車道から八戸自動車道に進み八戸ICを降りる そして一般道を進んでいき、八戸駅前に定刻に到着した ここで、下車する 駅前では、朝市が行われていて、出店が広がっていた 駅前のコンビニに寄って、いろいろと買い物 ...

今年のカシオペアは、毎週のように青森に向かってくれてるので、撮影チャンスは多い 牽引機次第では、遠征に行こうかと思ったが、なかなか目当ての機関車が動かない そんな中、せっかく青森に行くならば、他のネタ列車も絡めて撮りたいもの ちょうど、6月の下旬に秋田で ...

新幹線リレー号の本運転を狙うべく、撮影地を移動 リレー号の前に四季島が来るので、それを流し撮り 東北本線 西川口~蕨 この後のリレー号の撮影は、何となくヤル気が起きなくて家に退散しました ...

団体列車として、リバイバル運転された新幹線リレー号を近所で撮影 上野への回送電車を陸橋から狙う 東北本線 西川口~蕨 200番台の緑の横帯編成ならば、さらにリバイバル感がアップしたんですがね ストライプ編成でも、実際には運転されたこともあるよ ...

天気のイイある日 武蔵野線にEF6627牽引貨物が入線するということで、撮影に向かいました 武蔵野線 東浦和~東川口 クーラーの室外機が目立つので、正統派とは言えませんが・・・ でも、せっかくの国鉄色ですから、これはこれで貴重です ...

日光観光を終えた乗客を乗せて、一路北海道に向けて発車する四季島 それを、日光線随一の撮影場所である上今市付近で狙う 光線的には、半逆光で列車をギラリとさせるだろうという算段でした でも、思ったより日が高くて、さらに西側に移動してたのが予想外 9月 ...

この板橋の陸橋 そば畑が広がってます ということで、これを絡めて撮影 日光線 文鋏~下野大沢 銀箱電車というのがね~・・・ 日本のローカル鉄道はどんどん画一的になりますね ...

JR東日本のフラッグシップである四季島を、沿線で撮影してみる 北海道周遊コースは、平日の月曜日スタートということで、月曜日に移動 地元から東武鉄道で移動 というのも、目的の撮影場所の最寄り駅は、東武日光線の明神 自然豊かな場所で、バイモード運転して ...

過日の武蔵野線にて 新津工臨があるということで、武蔵野線へ てっきりEF65が牽引かと思ったら、まさかのEF81 それも双頭連結器をもった139号機ということでビックリでした 武蔵野線 東浦和~東川口 やはりレール積載のロンチキ撮影は、荷がわかる俯 ...

四国遠征ラストショットはこちらで 予讃線 高野川 つつじ駅として有名な高野川 しかし肝心のつつじのピークは過ぎていたために、絵としては間抜けに これにて四国遠征は終了です ...

伊予上灘俯瞰の撮影を終えて、徒歩で隣り駅の高野川へ 駅近くの陸橋から、望遠レンズでトンネルを抜けてくる車両を撮影 予讃線 向井原~高野川 ...

昼食を挟んで、午後の撮影は伊予上灘の俯瞰へ 光線的には午前の撮影場所なんですが、せっかくなんで伊予上灘で撮影をすることに 予讃本線ですが、特急は今や新線の方にいってしまい、こちらは実質ローカル線 通過する車両も、銀箱ばかりの中ですが、鋼鉄車両である ...

大浦俯瞰では、やはり長編成の特急しおかぜを撮りたいものです まずは定番中の定番 まぁ鉄板の絵から 予讃線 大浦 ここ、結構普通の退避があるものでして、手前の線路に停車してるものです なので、スッキリ撮りたい場合は事前に時刻を調べてからですね ...

ここでのメインの構図は、この絵でしょうね 予讃線 浅海~大浦 海バックを俯瞰できる撮影地ってやっぱり素敵 それにしてもいい天気でした ...

鷲羽山からの撮影を終えて、また四国に舞い戻る 今度は大浦俯瞰をお立ち台から狙う 瀬戸内海をバックに撮影できるこの場所、素晴らしいところですね まずは、ローカル電車で 予讃線 浅海~大浦 ...

↑このページのトップヘ