7月15日(日)
山都からの普通に乗って移動
車内はガラガラ
座席に足を伸ばしてローカル列車の旅を満喫する

イメージ 1

車窓には阿賀野川が

イメージ 2

こういうローカル線の旅は最高です

日出谷で下車

イメージ 3

以前はここでは駅弁を販売していたんですがね

イメージ 4

駅前には人の姿はなし
その閑散とした道を進んでいくと、駐車の列が見えてきた
現場にはすでに同業者が三脚を立てて場所を確保してました
自分もその中に入れてもらいます

イメージ 5

緑の田んぼ、バックの林、鉄橋の赤と絵的には素晴らしいロケーション

ここでもう一つの赤であるDE10が画面左側に入る絵が欲しかったのです
ここはメインの国道からは外れた場所にあるので追っかけ組はそんなにいないと思ってここにしたのですが、列車通過間際になって、結構多くの人がやって来たのにはビックリした

で、列車は若干の遅れを伴って通過
思ったより光線が回り込んでいて、列車側面の当たりが無かったのは残念だった

撮影を終えて駅に戻る
DLばんえつ物語号の謎の遅延のせいなのか、乗車予定の対向列車の普通も遅れて運転
かなりの遅れで到着した

イメージ 6

これに乗って帰る
喜多方ではイレギュラーとして対向列車との待ち合わせ
ということで、回復運転せず会津若松に向かうことに
そして乗り換え列車には接続しないとの案内が・・・

イメージ 7

車窓は素晴らしいんですが、悲しい知らせでした

会津若松に到着

イメージ 8

最終的に16分遅れとなり、定時だと4分接続の郡山行き快速に乗れませんでした

仕方なく次の電車って・・・1時間後!?
このままでは埼玉に鈍行で繋がらないことが決定したので、郡山から新幹線で帰ることにした
特急券を購入して、売店で食料を購入
快速の車内で、ひとり打ち上げを

イメージ 9

郡山から新幹線に課金

イメージ 10

初めに決めていた行程よりも早く帰宅できてしまった


7月15日(日)
山都1501<普通233D>日出谷1550
日出谷1745(12分遅れ)<普通236D>会津若松1900(16分遅れ)
会津若松2017(5分遅れ)<快速3244M>郡山2121
郡山2138<やまびこ58号>大宮2230