4月22日(日)
紀伊勝浦ですぐに乗り換え
普通に乗って先に進みます

イメージ 1

降りたのは湯川

イメージ 2

撮影場所まで移動します
撮影地は湯川海水浴場近くの鉄橋

イメージ 3

ココ、とにかく河口の水の色がエメラルドグリーンでめちゃくちゃ綺麗
そんな風景に心奪われた自分
前々から是が非でも撮りたい場所と思ってました
しかしなかなか関東からは遠い場所です
列車自体は全編成は見えないので、列車撮影派にはあんまり見向きもされない場所なので、穴場といえば穴場です
でも何といっても水の色が素晴らしい!
この日は干潮から上げ潮に入ったところなので、まだ水面の面積が少なかったのが残念でした
鉄橋そばに3~4人
こちらの舟を入れたアングルからは6人で総勢10人も満たない人数での撮影となりました

定刻通りに列車が通過
撮影後はすぐさま後ろを振り返ります

イメージ 4

というのも、湯川で対向列車との交換で停車するため
思いっきりトップライトなので、光線としては最悪なんですが、せっかくなんで後追いの絵も押さえておきました

無事にサロンカーくまのの撮影が終了
駅に戻ります

イメージ 5

皆さんは車での移動
列車移動は自分だけでした

列車が接近

イメージ 6

紀伊田辺行きの普通に乗ります

イメージ 7

この辺の海の色もまた綺麗なもんです

イメージ 8

紀伊浦神辺りの”玉之浦”はこれまた絶品の海の色をしております

古座で数人の同業者が乗車
古座川の鉄橋では、太陽光線が反対側に当たるので撮影場所として却下した自分
案の定、そんなにここでの乗車はありませんでした

串本の橋杭岩辺りでは磯が続きます

イメージ 9

撮影名所の紀伊日置で多くの同業者が乗車してきました
それでも紀勢トワイライトに比べると人が少ないでしょうか
紀勢トワイライトのときは、乗車できるかどうかまで多くの同業者がいたものですから
今回は2両編成でも座席にありつけるぐらいですからかなり少ないです

白浜に到着
ここで後続のくろしお号に乗ることにします

イメージ 10

普通ならば、このまま新大阪に行って新幹線で帰るのでしょうが、このまま素直に帰るわけではなく、まだまだこの先も旅が続きます

続く

4月22日(日)
紀伊勝浦1203<普通2330M>湯川1207
湯川1338<普通2332M>白浜1554