鉄旅フォト紀行~鉄路の彼方へ~ 

四季折々の風景の中を駆ける鉄道の姿を追いかけて、全国を駆け歩く撮影記

9月13日(日)4時過ぎに起床身支度を終えて、ホテルを一時外出カメラ1台に三脚だけ持って朝練に向かう会津若松からの1番列車に乗車新型気動車のGV-E400系です4両編成でしたね以前はキハ110系などで5両編成だったと記憶してたんですが・・・ガラガラな車内 ...

9月12日(土)下小川駅にて、普通に乗車このまま帰るのではなくて、さらに北上します久慈川沿いを駆ける列車で、まだ線路が不通なもので、上小川で下車ここで代行バスに乗り換えます土曜日にも学校があるんですねコロナの影響で学習時間が足りないので土曜日も登校日とな ...

gotoトラベルの恩恵じゃないけれど、だいぶコロナの状況が落ち着いてきたということもあり、旅に出る機会を伺っていた9月ある方から、ネタ的に美味しい列車の情報があったので、それを狙いに撮影に出かけましたそのお話を9月12日(土)旅の始まりは上野からちょうど13 ...

蘇我からのタンカー列車を狙うため移動まだ定番の撮影地は雑草が凄いことになっていて、立ち入りがかなり困難いろいろ移動してみたら、カーネーションの栽培でしょうか?花畑がありましたということで、ここで撮影バックのマンション、本当に邪魔で消えてくんないかなと何度 ...

だいぶ日の出時間が遅くなり、朝方駆ける貨物列車も低い太陽光線を浴びるようになったもう8178レについて、日の出時間とシンクロするような時期なのでまだ手前の稲穂に光が当たらない状況でタンカー列車が通過してしまいました武蔵野線 東浦和~東川口 ...

宇宙軒での撮影を終えて南下五稜郭にて、最後の撮影を本来の狙いはいさりび鉄道に入っている急行色の撮影だったんですが・・・構内にジュゴンことDF200 901がいるではないですか!?思わず夢中で撮影です函館本線 五稜郭するとライト点灯!動くようです!函館本線 五稜郭 ...

函館~札幌間を結ぶ北斗に、どんどん261系が進出してきました車両デザインは素晴らしいのですが、塗装がね・・・なんでこんな色なんだろう室蘭本線 北入江(信)~有珠 ...

この日のメインは宇宙軒S字俯瞰以前に比べて、撮影地は雑草に覆われてキャパがだいぶ少なくなってましたが、見える光景は変化ナシそこに赤スカ貨物がやって来ました室蘭本線 北入江(信)~有珠さらに横位置で室蘭本線 北入江(信)~有珠この機関車はやはり赤スカがカッ ...

相変わらず冴えない天候空を入れない構図で狙いたいが、函館~上磯間で狙える場所があまり思いつかない上磯駅近くの戸切地川の堤防をサイドから狙うことにこの鉄橋は海側から狙うときは、桜のシーズンには賑わうところこのときは山側から函館山バックで狙うことに単行ではな ...

前日、深川から函館に大移動翌朝はいさりび鉄道の撮影から五稜郭駅近くの跨線橋の近くで函館本線 函館~五稜郭狙い通りに首都圏色と急行色が運用に入ってたので、このまま撮影続行です動画もどうぞ ...

嵐山での撮影を終えて場所移動晴れ間が覗く天候なので、深川大俯瞰とも言うべきトトロ俯瞰へフルサイズ換算で448mmの世界での撮影少しのブレも許されない中で、慎重にシュート函館本線 深川~納内部分部分で影落ちがあったのが残念それにアルミ車体は目立たないなぁと ...

ロイヤルエクスプレスの撮影をここで切り上げて富良野へ急行その途中、富良野線の撮影に富良野線でこのアングルの絵は見た記憶がないので、自分にとっては新しい場所とても素晴らしいアングル次回はぜひとも作物が刈られる前で狙いたい富良野線 美馬牛~上富良野 ...

雨が降る中、撮影をいかに快適にするか考えたのは屋根のある場所での撮影ということで瀬戸瀬駅に向かう跨線橋で雨宿りしながらの撮影でした根室本線 瀬戸瀬大雪のヘッドマークは素晴らしい!今、ヘッドマークが見られる列車って北海道の特急や四国の185系とか僅かですね ...

146キロポストといえば石北貨物雨の中、緑がしっとりとなり、雰囲気のある絵になった雨が降っていたのでワイパーが稼働しているので位置がね・・・正常な位置はこちらですが・・・石北本線 生田原~常紋(信)でも列車の位置としてはこちらがベスポジなんですがね・・・石北 ...

翌朝、晴れていれば止別に行ってロイヤルエクスプレスを狙う予定でしたが天気は悪いということで、初めから諦めて石北貨物狙いで146キロポストへ向かった現場には2番乗り撮影ポジションが狭くなっているので早めの場所確保が必須雨が降る中、オホーツク号が峠を駆け下りて ...

知床斜里でバカ停しているロイヤルエクスプレスを追いこして撮影地を吟味晴れていれば間違いなく止別の丘で海バックの絵を狙うが、悪天候の中向かったのは原生花園ここ、近くに展望台がありそこから列車が狙えるのだ海が小さくなるが、それでもオホーツク海が写るので、俯瞰 ...

↑このページのトップヘ